抜け毛・髪に良くないシャンプーの成分とは

抜け毛・髪に良くないシャンプーの成分とは

抜け毛が目立ち始めると気にしなければいけないのがシャンプーです。

 

現在、シャンプーといえば各メーカーがCMに有名女優を使い、パッケージもおしゃれで品質も良さそうですね。

 

しかしシャンプー選びで気をつけなければいけないのがシャンプーに含まれる成分なのです。

 

一般的にCMで流れていて、量販店で1000円以内で購入する事のできるシャンプーのほとんどが「高級アルコールシャンプー」と言われるものです。

 

高級アルコールシャンプーの特徴は、泡立ちが良い、仕上がり感が良い、洗浄力が強い、お手頃価格という特徴があります。

 

一見、シャンプーとして文句のつけようのない感じに聞こえますが「洗浄力が強い」というのが要注意なのです。

 

洗浄力が強ければ頭皮から皮脂をキレイサッパリ落としてくれるのですが、実は頭皮には一定の皮脂が必要なのです。皮脂を全部落としてしまうと体が危機感を感じ、より多くの皮脂を作ってしまい頭皮環境の悪化をもたらすのです。

 

抜け毛に良くないシャンプーの成分とは

 

汚れを落とすためにシャンプーには界面活性剤が含まれていますがこの界面活性剤の成分を注目しなければいけません。

 

髪に良くないと言われる成分は、ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウム、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEAなどです。

 

ラウリル、ラウレス、硫酸という言葉は要注意です。

 

しかし、ドラッグストアなど量販店で購入できるお手頃価格のシャンプーにはほとんどこれらの成分が含まれているのが現実です。

 

どのシャンプーを選べばいいの

 

シャンプーは高級アルコールシャンプーだけではありません。

 

また最近の安心、安全を求める声から現在では成分にこだわったシャンプーが多く販売されています。そのようなシャンプーは「アミノ酸シャンプー」「100パーセント天然由来」などを売りにして頭皮に刺激を与えないうえ、頭皮環境の改善を目的としたシャンプーです。

 

抜け毛などが気になりだしたらお使いのシャンプーを替えてみる事をおすすめします。

page top