ヘアサイクル 髪の毛が新たに生えるサイクルとは

ヘアサイクル 髪の毛が新たに生えるサイクルとは

現在、抜け毛、薄毛の悩みを抱える女性が急増しています。シャンプーをした時の手の平にまとわり付く髪の毛、排水溝の髪の毛、枕元の髪の毛の量に不安を感じる事も多々ありますね。

 

しかし、髪の毛が抜けるという事は人間である以上避けられない事で、むしろ抜けない毛などないのです。

 

抜け毛を見るたびに不安を抱えないためにも髪の毛の生えたり抜けたりするサイクルをしっかりと理解しましょう。
ここでは抜けたり生えたりする髪の毛の一連のサイクルを紹介します。

 

ヘアサイクルとは

 

髪の毛は一日に約0.5ミリ、1ヶ月で1.2センチ、1年で15センチ伸びると言われています。しかし伸び続けるわけではなく、一定の期間がたつと自然に抜け落ちます。そして抜けた毛穴から新しい髪の毛が生えてくるのです。この抜けたり生えたりする一連の流れを「ヘアサイクル」と呼びます。

 

ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期の3つに分類する事ができます。

 

成長期

 

ヘアサイクルの大部分の期間は成長期です。成長期とは名前のとおり髪が成長する期間です。髪が長く伸び太く成長する期間です。一般的に4年から6年と言われています。

 

退行期

 

髪の成長が止まる期間の事です。一般的に2週間ほどと言われています。

 

休止期

 

髪の毛が自然に抜け落ちる期間です。抜け落ちる髪の毛の下に新たな髪が生え始め、休止期に入った髪の毛を押し出すような形になります。そして新たな髪が成長期として育っていきます。

 

ヘアサイクルの異常とは

 

加齢などの理由でヘアサイクルに異常がでると成長期が短くなります。成長期が短くなるという事は抜け毛が増えます。

 

抜け毛が増えると髪の成長が追いつかず、髪が薄くなったと感じたり、髪のボリュームがなくなったと感じるのです。

 

ヘアサイクルから考えると一日100本程度の抜け毛が通常です。抜け毛の中に成長しきっていない短い毛や細い毛、先の尖った毛が目立つ場合はヘアサイクルの異常の可能性もあります。

page top