女性ホルモンと抜け毛の関係

女性ホルモンと抜け毛の関係

抜け毛、薄毛のトラブルを招くには様々な原因があります。その中でも最も多い原因と言われているのが女性ホルモンの乱れによる抜け毛なのです。

 

女性ホルモンとは

女性ホルモン 抜け毛

女性ホルモンには女性らしさをつくる「エストロゲン」というホルモンと、妊娠にかかわる「プロゲステロン」という2つがありますが、髪の毛に関わるのはエストロゲンです。

 

ちなみに妊娠、出産後に一時的に抜け毛が増えるのは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れるからなのです。

 

エストロゲンには髪を健康に育てる働きがあります。女性が男性のように頭全体から髪がなくならないのはエストロゲンの働きがあるからなのです。

 

しかし、エストロゲンは生涯に渡って分泌されるものではありません。一般的には28歳から30歳をピークにして少しずつ減少が始まると言われています。。つまり加齢による抜け毛、薄毛の原因のほとんどはエストロゲンの減少が関係しているのです。

 

また最近では社会環境の変化もあり、若い女性でもストレスや不規則な生活、過度なダイエットをする事によってホルモンバランスの乱れが生まれ抜け毛や薄毛の悩みを抱える女性も増えています。

 

女性ホルモン減少の対策

 

女性ホルモンの乱れの対策として有効なのは食生活で乱れを整える事です。

 

エストロゲンに似た働きをする栄養素として「イソフラポン」があります。イソフラポンは豆乳や納豆などの大豆製品に多く含まれています。心配な女性は意識的に大豆製品の摂取をこころがけましょう。

 

page top