加齢による薄毛の仕組みが解明

加齢による薄毛の仕組みが解明

薄毛に悩む女性にとって朗報ともいえるニュースです。
2016年2月5日付のニュースで「加齢による薄毛の仕組み」が東京医科歯科大学の西村栄美教授らの研究チームらによって解明されたとの事です。

 

この事は全国版のニュースでも流れていたので興味を持った方も多いのではないでしょうか。

 

薄毛には様々な原因が存在しますが、一番多いのが加齢による薄毛です。年を重ねると同時に髪の薄さが気になるのは、多くの女性が抱える悩みです。

 

解明された加齢による薄毛の仕組みとは

薄毛 仕組み

 

東京医科歯科大学の研究チームは、毛を生み出す細胞を作る「幹細胞」に着目しました。

 

この幹細胞は毛を生み出す働きをするため、髪の毛が抜けても新しい毛が生えてくるというヘアサイクルの軸になります。
しかし今回の研究で、「幹細胞」は加齢とともに減少しフケや垢となって皮膚の表面から剥がれ落ちるという事が解明されたのです。

 

加齢による薄毛の対策は

 

さらに今回の研究で対策方法も西村教授が話されています。

 

対策方法は幹細胞にあるタンパク質の1種である「17型コラーゲン」の減少を抑える事で薄毛の進行を抑えられるそうです。

 

残念ながら、現段階でその治療薬はできていませんが、西村教授は「5年から10年の間にできれば」とも話しています。

 

この治療薬が開発されれば、多くの人を悩ませる加齢による薄毛がなくなるかもしれません。特に最近では男性だけでなく女性でも薄毛で悩む人が急増していますので、早く治療薬ができればと思う人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、5年10年というのは長い年月です。現在薄毛で悩んでいる女性が5年10年も待っていたら薄毛はどんどん進行してしまいます。現在、抜け毛防止の対策として人気があるのが抜け毛防止シャンプーです。

 

完全なる薄毛治療薬が開発されていない現在、抜け毛防止シャンプーで頭皮環境を整え少しでの抜け毛の進行を抑えましょう。

 

page top